top2top
お宮参り 753 入学・卒業 成人式 ブライダル 記念日 証明写真 広告写真

title









料金メニュー










 

2017年 七五三


七五三



上へ戻る 

最近ではお祝いの仕方も変化してきた「七五三」。
よく聞くんだけど、どうお祝いすればいいの?そんな疑問にお答えします!!

お祝いの年齢は? 絶対守らなきゃいけないの?

男の子は3才と5才、女の子は3才と7才というのが一般的です。
しかし現代では、年齢に関係なく、兄弟姉妹も一緒にお祝いしてしまおう、という人も
多いようです。
いちばん大切なのは、パパ・ママがお子さまの成長を喜び、お祝いする気持ちです♪

   
お参りは11月15日じゃないとダメ?

11月15日は「鬼宿日」といって、鬼が家にいる日ということで、お祝いに最適と言わ れています。
現在では、11月15日にこだわらず、都合のいい日に近くの神社に参拝したり、
記念撮影をするケースが多いようです。
とくに記念撮影は混みあうので、わざと日をずらす人も多くいます。

   
どこの神社がいいですか?

本来は、住んでいる地域の氏神様のご加護を得て、これからの成長を見守っていただくために
神社にお参りするのが慣わしです。しかし、それ以外にも親しいご縁がある神社(パパ・ママの
実家など)や、お参りしたい神社があれば、こだわらなくても良いでしょう。

   
服装は着物じゃなくてもいいの?

伝統的な七五三は、それぞれの年齢にあわせた着物の様式がありました。
しかし、現在では着物を一式揃えるとなると高額になってしまうので、レンタルを利用する
ケースが増えてきました。
難しく考えることはありませんが、お子さまの成長をお祝いする儀式なので、和装・洋装共に
正装するのが礼儀です。パパ・ママも、スーツなどの正装が好ましいでしょう。

  ※当店価格は全て税抜きで表示しています。ご精算時に消費税額が加算されます。
studio-栄光社 兵庫県加西市北条町古坂1-27-1:電話0790-43-1450
Copyright(C)eikosha all rights reserved