なぜ皆さん笑顔で帰られるのですか?

スタジオ栄光社のテーマは「家族の絆」です。写真というと緊張されるかもしれませんが、
リラックスしたありのままの時の方が良い写真が撮影できます。
その時のポイントを以下に挙げさせていただきます。

「家族の絆」を撮影する5つのポイント

ポイント1 視線を外す 

カメラ目線ではなく、視線を外します。視線を外すことでカメラを意識しない自然な表情を作ることができます。

ポイント2 手だけ撮る 

写真は顔の表情だけではありません。固く握った手だけを撮影するなど普通とは違う方法で「家族の絆」を表現します。

ポイント3 体の一部を触らせる

最初は皆さん恥ずかしがりますが例えばご兄弟であれば、体の一部を触ってもらいます。ほっぺをくっつけることでお互いの体温を感じて欲しいのです。本当に一瞬で人を愛しくなります。
朝から出かける準備などでバタバタしてちょっとだけご機嫌ななめのご夫婦も、お帰りの時はすっかり仲直りされていました。

ポイント4 キーマンを見分ける 

シャイなお子さんは、ご両親の前では笑顔ができなくてもおばあちゃんが声を掛けたとたん笑顔が出たりします。ご来館されているご家族の中で誰がキーマンかを一瞬で察知し、笑顔が出る場の雰囲気を作ります。

ポイント5 インスピレーション 

撮影に来られた家族とごく普通の会話をすることで撮影のイメージが作られてきます。お客様一人一人の魅力的なポイントを大切にして、インスピレーションを働かせます。それを通して撮影のポーズや構図が浮かんできます。でも結局はお客様がすべて導いてくれていると考えています。撮影をする前から撮影は始まっているのです。

上へ戻る

なぜこんな表情の写真が撮れるんですか?

私は毎年500名以上のお子様を撮影しています。
子供の笑顔を引き出す自信はあります。
撮影は写真のプロである前にお子様とこころを通わせるプロである必要があると思っています。そうでなければ本当にリラックスした良い表情を引き出すことはできません。ここで私が普段、お子様と接する際に、心がけていることをご紹介したいと思います。

親でも見たことがない自然な表情を撮影する
子供を撮影する5つのポイント

ポイントその1 子供の目線で会話を始める

コトバではなく、笑顔で会話をする。おかしな顔をしたり、まず撮影者である私が笑顔を見せる。目線の高さを合わせる。顔の側でにっこり笑ってあげる。そのことでお子様とすぐに仲良くなることができます。

ポイントその2 好きなおもちゃや音を見つける

男の子の場合は七五三の場合 刀などのおもちゃ、女の子はぬいぐるみ、赤ちゃんはタンバリンに非常に反応します。いろいろなおもちゃを見せて、反応を探ります。そのおもちゃに集中してもらって撮影します。まず最初はいかに一緒に真剣に遊ぶかが大切。この真剣にというのがポイントです。写真はたまたま撮影しているだけでその時間は子供と真剣に遊びます。遊ぶ時は私は子供よりも真剣に遊んでいます。

ポイントその3 体に直接触れる

直接そっと体に触って安心感を与えます。触られることは子供にとって安心感があります。
強引な触り方ではダメです。小さい子でも何度も何度も、ぎゅっと抱きしめてあげます。
そうするといろいろなことをお話をしてくれるようになります。抱きしめることで、私のぬくもりを感じてくれるのでしょう。抱きしめている時は親以上にその子供を瞬間的に愛していると思います。その時はおじいちゃんの気分かもしれませんね。

ポイントその4 ご家族と一緒に撮影を進める

自分だけで子供の撮影が全部できるわけではないと思っています。栄光社の理念は「家族の絆」を大切にすることなので、ご家族も一緒に撮影にご協力をいただいております。親は子供の傍観者ではありません。ご両親にも子供の良い表情がでるように協力をしてもらいます。そのことでお子様の良い表情が引き出され、「家族の絆」が溢れた写真が出来上がるのです。

ポイントその5 子供の自然な行動に合わせる

子供の気持ちを大切にします。お子様が遊びたければそこで遊んでもらいます。お話がしたければお話終わるまでずっと聞いてあげます。子供の自然な振る舞いや仕草に合わせることで、最高の表情や普段のありのままの自然さが撮影できるのです。

上へ戻る

なぜスタジオ栄光社のDP(デジカメプリント)は、
お年寄りにも人気なのですか?

栄光社のDPはなぜかお年寄りにも大変人気です。
その人気の秘密はこんなところにあると思います。

栄光社のDPがお年寄りにも人気の秘密
2つのポイント

ポイント1 親切に説明します

スタジオ栄光社ではDPの使い方を親切・丁寧に説明します。他店では、DPの機械だけが置いてあって完全なセルフサービスのところがほとんどだと思います。他店で質問したら「勝手にやってください」と言われ、イヤな思いをされたことはありませんか。当館ではそのようなことは一切ありません。スタジオ栄光社では、DPの機械が受付カウンターのすぐ前に2台ありますので、使い方を初心者の方でも分かりやすくご説明しています。

ポイント2 会長が「夫婦で160歳」のボランティア撮影

弊社75歳の会長は48年間、ボランティアで「夫婦で160歳」の方の撮影を続けています。特にその年齢の方たちは日本がまだ貧しかった時代で青春を過ごされた方々です。写真なんて当時は非常にぜいたく品で、もちろん若いころの写真を持っていらっしゃる方も非常に稀です。ですから撮影された方に本当に喜んでいただいているようです。そのことからご高齢の方々からお店への信用が生まれているのだと思います。
その個人への信頼がスタジオ栄光社への信頼を作ってきているのだとスタッフも誇りに思っています。

上へ戻る

なぜクチコミで来る人が多いのですか?

合格率がアップする!
証明写真の5つのポイント

ポイント1 スタジオ撮影

証明写真も当店人気のスタジオで撮影します。街角の証明BOXや大手写真館のような
他のお客様が近くにいらっしゃるような慌しい場所での撮影ということは一切ありません。
流れ作業とは一味も二味も違います。当館では静かで落ち着いたスタジオでの撮影です。
就職試験の第一希望に合格したとのうれしいお声をたくさん頂いております。

ポイント2 ライティング

お客様の顔立ちに合ったライティングをします。スタジオで撮影している当館だからできることです。ライティングにより顔の色艶や立体感がまったく違います。元気で若々しいイメージに大変身します。

ポイント3 視線・表情

視線・表情も非常に大切です。視線はカメラ、顎を引いて、背筋を伸ばして、表情は眼で笑う?が大切です。

ポイント4 修正・デジタルメイク

撮影した写真をご希望に応じて、修正いたします。目力をアップさせたり、眉毛を整えたり、あごの線をほっそりさせたりと、ご希望に応じた最先端の修正をいたします。

ポイント5 ヒアリング

ヒアリングは非常に大切です。他の写真館では十分にされていないと思います。写真をどのようなものに使うか。会話をしながら、その人が欲しがっている写真を聞きだします。またリラックスをしていただくことでその人の最高な状態を引き出します。

上へ戻る

次の瞬間、写真は呼吸する!

撮影のポイント

商品の開発者が苦労して製作した気持ちをイメージします。
私には商品の向こうにたくさんの人が見えます。
商品の開発者・それを売る営業の方・会社で事務をされている女性など一つの商品でもほんとうにいろいろな方が関わって商品が生まれたと思います。
その方々の笑顔を見たい。その一心でやっています。

この商品の本当の良さはどこにあるのだろう
この商品のどこを撮影したら、良さが伝わるのだろう?
人を撮影するよりもある意味で難しいですが、その表情も言葉もない商品の良さを徹底的に考えてあげることは、非常に楽しいです。写真を見ると、その商品が笑っているように見えるとクラアントの方からも好評をいただいております。

コマーシャル商品撮影のコツ

ポイント1

その製品のもつ特長を理解し、そこを最も強く写真に表現する


ポイント2

その製品の使用現場を連想するシチュエーションをつくる


ポイント3

太陽はひとつ!窓明かりの元で商品は呼吸します。

上へ戻る

栄光社では事前のヒアリングを大切にしております。
当館ではカメラマンの都合で早く撮影を終わらせようということは一切ありません。またカメラマンの撮影技術を一方的に押し付けるようなガンコ職人の写真館でもありません。

実は写真の出来が良い悪いというのはこのヒアリングの内容で決まります。

写真は技術ではありません。
写真とはいかに見ただけで幸せな想いになれるか。
それが一番、大切だと思っています。

写真を撮影する時には、いま目の前にいるご家族を撮影するだけではありません。
そのご家族の20年先の光景やさらにそのご家族はどんなご両親の元で育てられてきたか、
どんなことで喜んで、どんなことでケンカしてなど人にはたくさんのドラマがあります。

「なぜ写真を撮影しに来たか」
「どのような家族になりたいか」
「どんな大人になって欲しいか」

そんな人それぞれのストーリーや想いをいかに写真に盛り込むか、それができるのがプロの写真家だと思います。

そのために栄光社では事前のヒアリングを大切にしております。

上へ戻る

なぜ栄光社の接客は満足度が90%もあるのですか?

2006年の一年間でサービスの満足度のアンケートをさせていただきました。それが満足度90%という非常に高い結果でした。
日頃、頑張っているスタッフもこころから皆様に感謝いたしております。

スタジオ栄光社の満足度90%のサービス
3つのポイント

ポイント1 とにかく撮影現場が楽しい。ご家族と一緒になって撮影が進行します。
ポイント2 スタジオ背景が、スクリーンではなく、立体背景オブジェです。
自然光も取り入れて、今までにない高輝度な写真になります。     
ポイント3 写真セレクトも、撮影当日ではなく、フォトシート(撮影一覧)で
後日、ゆっくりと、ご自宅で、ご家族で選んでいただけます。

上へ戻る

Q1.前撮り・後撮りって何ですか?

A1.七五三、振袖、ブライダルでは最近、前撮り(まえどり)が主流となっています。
記憶に残る写真にこだわるお客様には、ゆっくり時間をかけて撮影できますので、このシステムをお勧めします。
後撮り(あとどり)は一般的な記念行事の時期に撮影ができなくて、後で撮影することですが、これもまた前撮り同様に、ゆっくり時間をかけて撮影できますので人気があります。

Q2.前撮り・後撮りの日程がはっきり決まっていないのですが。

先ずは、撮影内容などの打ち合わせをさせて頂きますので、ご遠慮なくお電話下さい。
そのお話の中で、最もお客様の条件に合う日程を見つけさせていただきます。

Q3.時間はどれぐらいかかりますか?

スタジオ内撮影時間は約30分です。但し、お宮参りなどでお子様が寝ていらっしゃる場合は、お子様のペースに合わせて進行しますので、3Fレセプションコーナーでお待ちいただく場合もございます。

Q4.多ポーズ撮影って何ですか?

スタジオ内のいろんなシチュエーションで、全身スタイルやアップ写真・・・衣装をチェンジしてまたスタジオ内の別の場所で撮影したりします。

Q5.何枚ぐらい撮ってくれるのですか?

撮影カットは内容やご家族の構成によって違いますが、大体50~80カット撮影します。
その中から、厳選して20コマ撮影のフォトシートに仕上げます。

Q6.写真はいつ選べるのですか?

撮影の翌日~3日後までに、フォトシートを作成しますので、ご自宅にお持ち帰り頂き、ごゆっくりご家族で会話を楽しみながらお選びいただけます。

Q7.遠方なので、後日郵送をして欲しいのですが。

お買い上げが、30,000円以上の場合は、送料無料で全国発送できます。

Q8.結局トータルの支払いはいくらになるのですか?

フォトシートと注文書をご覧いただき、お客様がご自身で予算を計算できるようにしておりますので、注文しすぎて高額になってなどの後悔はなく、安心してご購入いただけます。

Q9.子供用タキシード、ドレスは何種類ぐらいありますか?

子供用衣装は常時約50種類あり、シーズン毎に新作を入荷しております。
大人用のブライダルタキシードやウェディングドレスご準備できます。
尚、もっとたくさんの中からお選びいただく場合は、提携衣装店にご案内いたします。

Q10.メイク・ヘアメイクもそちらでやってもらえますか?

提携のメイクアーティスト、ヘアデザイナーの手配をさせて頂きます。

Q11.両親は何を着ればいいですか? 両親の衣装も用意してもらえますか?

お宮参り等の節目の記念写真には、一般的にお父様はスーツなどをお召しになるようです。お母様は留め袖が多いですが、ご自分に似合うお好きな洋服でお喜びを表現できるならようであれば良いと思います。なお着付けはしておりますが、洋服はご用意いたしておりません。予めご了承ください。

Q12.写真はたくさん撮ってもらえるの?

当日、いろいろなポーズやお一人やご家族などの撮影を当店専属のプロカメラマンが担当させていただきます。

Q13.予約はいつまでにすればいいのですか?

空いていれば当日でもOKですが、土日祝の大安は空いていないことが多いです。土日祝の大安に撮影をご希望の方は、2週間~1か月前までに予約して頂く事をお勧めいたします。

Q14.スタジオ見学や衣装選びはいつでもさせてもらえますか?

いつでも見学は可能です。まずは電話でお問い合わせいただき、一度ご来店くださいませ。

Q15.撮影当日の流れを教えてください。

受付(ヒアリング)⇒衣装室⇒着付け室⇒スタジオ撮影。以上の流れになっております。
後日、お写真選びのフォトシートをお渡しします。

Q16.スタジオには何人ぐらい入れますか?

家族撮影を考慮に入れますと、集合写真では最高15人までお入りできます。

Q17.着付け室では何名くらいが着替えられますか?

壁面全面が鏡のコーナーを2面を設けております。

Q18.駐車場はありますか?車は何台ぐらい大丈夫ですか?

併設の駐車場がございます。10台駐車可能です。

上へ戻る

   
studio-栄光社 兵庫県加西市北条町古坂1-27-1:電話0790-43-1450
Copyright(C)eikosha all rights reserved